ファシリテーターについて


 

ファシリテーターは子どもたちに寄りそう存在です。

プログラムで子どもたちと過ごしながら、子どもたちが遊びたいように遊んだり、表現したりすることを手助けします。ファシリテーターは、子どもたちを評価したり、誘導したり、指示したりすることはありません。

ファシリテーターは、ボランティアのみなさんで成り立っています。

ファシリテーターとは


ファシリテーターとは、グリーフプログラムにおいて、グリーフを抱える子どもをサポートするボランティアのことをいいます。

ファシリテーター(英語の動詞はfasilitate=make it easy)は、手助けする人のことです。 それは子どもの主導権を奪わない人であり、子どもたちと何かを一緒にする人でもあります。

ファシリテーターは、まず子どもと一緒に遊ぶことが役割として求められます。 遊びの中で子どもが「あのね…」と話しかけてきたらファシリテーターは自身の気持ちと身体を子どもに向けて、子どもが話しやすいように手助けしながら、コミュニケーションスキルを使って子どもの話に耳をすまします。子どもの言っていることを解釈するのではなく、子どもが話しやすいようにし、話を聞くことがファシリテーターの仕事です。

子どもの話に耳を傾け、子どもが話しやすいような場をつくることで「子ども自身が、自分の気持ちに丁寧に触れる時間をつくる」のがファシリテーターの仕事とも言えます。

【ファシリテーターとは】
*カウンセラーではない、先生ではない、医者でもない、看護師でもない。
*聞き手であり、話し手ではない。
*リードしない、サポートする。
*一緒に遊ぶ、話を聞く(子どもの経験に参加する)。
*気づきの強要はしないが、相互作用(一緒に遊ぶ、お互いに話し聞く)というプロセスの中で気付きを促す。
*「場」のルールを徹底し、安心安全な「場」をつくる。

(「子どものグリーフを支えるワークブック〜場づくりに向けて」より)

ファシリテーターになるには

ファシリテーターとしてグリーフプログラムに参加するためには、10時間の養成講座を受講する必要があります。

養成講座は不定期で開催しています。
(仙台では年1〜2回程度開催しています。他の地域でも不定期で開催しています。)

ファシリテーターの活動

グリーフプログラム開催日のスケジュール(仙台の場合)

10:30 集合・事前ミーティング・準備
12:00 昼食
13:00 プログラム開始
16:30 プログラム終了・後片付け・振り返りミーティング
18:00 解散

※ファシリテーターのグリーフプログラムへの参加は、月1回以下とさせていただいています。
※地域によって異なる点があります。

ファシリテーター登録をされた方には、定期的にグリーフプログラムのご案内をお送りします。ご参加可能な日程がありましたら、ご連絡いただき、調整のうえ、ファシリテーターとして、当日グリーフプログラムにお越しいただくことになります。

ファシリテーター養成講座について

ファシリテーター養成講座では、大切な人をなくし、愛おしさと深い悲しみ(グリーフ)にある子どもをサポートするための知識と、寄り添うためのスキルを学びます。

また、ファシリテーター自身の喪失体験を自覚したり、セルフケアを学んだりすることで、グリーフを抱える子どもをサポートするための準備をします。

18歳以上で、継続的にグリーフプログラムなどにご参加いただける方が対象です。職業、経験、学部・学科等は問いません。

 

ファシリテーター養成講座 参加者募集情報
<仙台>募集中!
日時:2015年1月30(土)・31日(日)
※2日間の参加が必須です。
10:00~16:30(両日とも)
受講料:一般4,000円、学生3,000円
詳細・申し込みはこちら

 

ご不明な点などございましたら、子どもグリーフサポートステーションまでお問い合わせください。